活コンサルタント

◆5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)とは何か



5Sとは
整理・整頓・清掃・清潔・躾 の頭の文字をとったもの。


5S活動に長く取り組まれている会社さんの人でも
5Sの意味を意外と知らないことがあります。

整理って何ですか?
「きれいに整えること」

う~ん。ちょっと違う。

5Sの意味は、国語辞典で紹介されている意味とは「まったく異なる」
「マネジメントの専門用語」のようなものです。

以下にご紹介する5Sの意味を知っているだけで
「この人良くわかっているな」 「勉強しているな」 「きちっと教育受けているな」
と思われます。

まず「整理」です。

整理とは
「必要なものと必要でないものとを分けて、必要でないものを捨てること」です。

整理の対象は物理的な物に限りません。

たとえば、スペース、仕事、情報など
いろいろ応用できます。

昔に民主党がやっていた
「事業仕分け」は
「必要な事業と必要でない事業を分けて 必要でない事業を捨てること」でした。

事業の「整理」
ですね。

私たちコンサルタントの教祖みたいな人で
経営学の大家と呼ばれているPFドラッカー曰く

「マネジメントの本質は『捨てること』である」

そのぐらい
大切なことに絞り込むことが
成果を出す要点ということでしょう。

「整理」をしますと
必要なものだけが残ります。

そこで
「整頓」をします。

「整頓」とは

「必要なものをだけを
誰もがわかるように置き場を決めて表示すること」です。

置き場を決めても守られない。

自分でも決めたことを忘れてしまいますので
他の人はなおわからない。

そこで「表示」が必要なのです。

「表示」までしないと「整頓」と言えません。
また
「表示」していても
「誰もがわかる」でないと
「整頓」とは言えませんね。

また、整理、整頓の順番も大事です。

まず整理、そして整頓の順番が良い。

どうしてでしょうか?

いきなり整頓すると、必要でないものまでも
「置き場を決めて表示」しないといけない。

これはムダですよね。

次に「清掃」です。

「清掃」は国語辞典で引くような意味と同じです。

清掃とは
「身の回りのものや職場の中をきれいに掃除すること」です。

これ以上に意味を持たせる場合もあります。

どんな意味でしょうか?

何も考えず漠然と清掃していても儲かりません。

書き出すと長くなりますので
また、無料メールセミナーにて詳しくご説明します。
5S無料メールセミナーご登録はこちら≫≫≫

「整理」「整頓」「清掃」までの3Sの意味は
ほとんどの会社では変わりません。

残り
「清潔」「躾」の意味は会社、職場や仕事によって変わってきます。

「清潔」の意味は多くあります。

食品、医薬品や医療品などでは
一見きれいでも、細菌やバイ菌などがいたのでは許されない。

そこで、まさに清潔そのものの意味で
「職場を衛生的に保つこと」
と考えます。

しかしながら
そこまで衛生性を求めない職場では

「人格や品行が良く、いさぎよいこと」
「いつ誰が見ても、誰が使っても不快感を与えぬようにきれいに保つこと」
などの定義があり得ます。

すなわち「人の行動」や「人へのストレス軽減」などの
意味を持たせることもあります。

しかしながら
私が良く使っている定義はシンプルに
「3Sを維持すること」
です。

最後に「躾」です。

「躾」は
「4Sを習慣づけ維持し、更により良い方法を探究すること」
「職場のルールや規律を守ること」
「決めたことを必ず守るように徹底すること」

などの意味があります。

「規律を守ること」
そして「習慣にすること」
さらに「継続的に改善すること」
などの意味もあります。

挨拶、礼儀などを含める場合もあります。




以上、5Sの意味をご紹介しました。

5Sの意味は、これが正しいといった絶対的なものではありません。

会社ごとに異なりますし
同じ会社でも、製造の5S、営業の5S、開発の5Sや
事務職場の5Sなど意味が異なる場合もあると思います。

つまり、
それぞれの仕事に合わせて、
また、目的やレベルに応じて定義づけしていただけたらと思います。


5Sをもっと詳しく知りたい方
5Sを、会社内にどうやって展開したら良いか知りたい方
5Sの推進役や、5Sリーダーの方へ

5Sについて詳しく知りたい方は以下にご登録ください。
役立つ無料情報が届きます。

5S活動 無料メールセミナー

・なぜ5Sすると業績が上がるのか?
・5Sとは何か?
・儲かる5Sのポイントは?
・組織的な5S活動の取り組み事例
・5S活動を続けるポイント など
全11回のメールセミナーでわかりやすくお伝えしていきます。





ページのトップへ戻る