5Sの事例紹介(整頓の改善事例その1)

このページでは、
整頓の事例紹介をします。

整頓とは何か?

「置き場を決めて表示すること」
です。

どんなに綺麗に
並べてあっても
「表示」が無ければ
整頓と言えません。

私もお世話になっている
ある工場の事務担当Hさんの
机の中が下の写真です。
  ↓    ↓


工場の出荷明細と
顧客から来る支払い明細をチェックする
仕事です。

机の中の書類には、

・未チェックの書類
・チェックが終わった書類
・チェックしたけど数字がおかしくて客先との調整が必要な書類

とが混在していました。

このような状態ですと
・チェックが済んだものか「迷う」
・客先との調整が必要な書類を「探す」
・客先との調整を「忘れる」

といったムダが生じます。

また書類が積んでありますと
下の書類を取り出す時に
上の書類をどかす
というムダな動作が入ります。

そこで、
どんな「置き場」「置き方」「表示」をしたら良いか
考えていただき
Hさんがつくってくれたのが下の写真です
。    ↓      ↓


「未チェック」
「「チェック済み(客先別)」
「客先との調整要」
という置き場を決めて表示してくれました。

書類はたてて置くような
「置き方」が整頓の基本です。

さらに、Hさんは
マグネットプレートを使って
この仕事の
進行状況も「見える化」してくれました。

すなわち
・支払い明細を毎月10日までに顧客から入手する
・毎月15日までに出荷明細とつきあわせてチェックする
というルールを「見える化」しています。

そして
今、
入手に青いマグネットがついていることは
客先からの支払い明細は
入手済みになっていること。

そして
チェックに黄色いマグネットがついているのは
チェック中を意味しています。

これにより
仕事の進行状況が誰にも「見える化」
できてフォローし合えるのです。

5Sについて深く知りたい方は以下の無料メールセミナーにご登録ください。

⇒   人が育ち現場の力を高める5S活動の進め方

全11回。役立つ情報が毎週 届きます。
お楽しみに!