日々働きながらストレスを感じる方は7割以上と言われており、特に働き方改革のしわ寄せ、コロナ禍の業績への影響、様々な制限が、働く人に与えるストレスが増えている現状は多くの方が感じていらっしゃる事と思います。
さらに、ストレスが高まると身体・精神への影響の他、生産性の低下、ハラスメント等の人間関係の問題やマネジメントの質低下等、影響は個人だけにとどまりません。
そこで、働く人が気軽に気持ちを吐き出し、ストレスの軽減だけでなく、働くことそのものの意欲の向上や、自分自身のキャリアについて考える機会が必要です。


◆社外相談窓口のパターン①

「相談希望の個別連絡で実施」





◆社外相談窓口のパターン②

「定期的な実施で時間枠ごとに予約」





◆社外相談窓口のパターン③

「定期的なキャリアに関するコンサルティングの実施」
(セルフ・キャリアドック制度)





相談者が安心して気軽につかえる

守秘義務を順守します。
緊急時を除きご本人のご承諾なしに、「相談があったこと」「相談の中で話されたこと」「個人が特定できること」等は、会社の方へはお伝えしません。

相談方法は希望に沿います

通常カウンセリングやキャリアコンサルティングは対面が望ましいですが、 コロナの状況や会社内の会議室を使用することに抵抗がある方もいらっしゃいます。

対面での面談

<対面での面談>

オンラインでの面談

<オンラインでの面談>

◆貴社の実情に合わせたパターンを選択(各パターンの組み合わせでの実施も可能です)

パターン1
相談希望の個別連絡で実施
パターン2
定期的な実施で時間枠ごとに予約
パターン3
定期的なキャリアに関するコンサルティングの実施
(セルフ・キャリアドック制度)
対象者 全従業員(非正規雇用者も含む) 全従業員
時期により対象者をわけることも可能
新入社員、若手社員、中堅社員、管理職等
実施時期 随時 月1回程度の開設 定期的(8~12か月に1回等)に実施
キャリアの節目(入社前、入社後6か月、1年後、3年後、5年後、昇進昇格時、異動時、休職、復職時等)
予約方法 相談希望者の方からの直接予約 貴社人事担当の方が対象者をリスト化
相談方法 対面、もしくはオンライン(Zoom、Teams等)
相談場所 声の漏れない扉付きの会議室等
相談時間 1枠1時間程度
料金 1相談(1時間程度)
¥15,000
1日(6時間程度)
(相談予約の有無にかかわらず開設)
¥45,000
1相談(1時間程度)
¥15,000
相談テーマ
(例)
仕事(キャリア、ストレス、業務自体等)、人間関係(ハラスメント等のいじめ嫌がらせ含む)、健康(うつ、発達障害等のメンタルヘルス含む)、家庭
その他 ※医療行為・診断、労災認定、法違反かどうか等の判断についての相談には対応いたしかねます。
また生命・身体等の緊急を要する場合は、人事担当者、及び家族への共有や医療機関での受診を勧める場合があります。


◆担当カウンセラー

假屋 翔太  主任コンサルタント/国家資格キャリアコンサルタント
大学卒業後、3年間の間小売業に従事。チーフとして部門内マネジメントを行いながら、大学生の新卒採用業務を兼任。 その後、キャリア教育のNPO法人に転職。厚生労働省認定事業の地域若者サポートステーションに従事。施設のセンター長、総括コーディネーター、企業マッチングのコーディネーター、セミナー講師を務め、のべ2500名以上の若者の就労に携わる。
現在は、民間企業の従業員へキャリアコンサルティングを行いながら、企業課題の抽出をし、組織改善に活かしている。大学・職業訓練校等の教育機関での講師や学生向けに就職支援を行っている。
詳しいプロフィールはこちら≫≫≫





ページのトップへ戻る