オンラインセミナー

若手社員の動機づけと育成方法

~1対1面談の取り入れ方と成長のための環境づくり~

経営者、若手社員を教育している管理職、リーダーの方へ


こんにちは。
この案内ページに来ていただきありがとうござます!

若手社員の教育について、皆さまはどのような取り組みをされていますか?

「なかなか主体的になってくれない」
「役職を持つことに拒絶感がある」
「返事はいいのに、いったことが守れない」
「いつも自信がなさそう」

このような現代の若手社員を教育することに関するお悩みの声は多いです。
これまでのような、根性論やトップダウン型の教育では通用しなくなってきました。

実は、ガンガンいくのではなく、横に立ってそっと背中を押すような関わりが現代の若手社員の教育には有効です。
これを「側面的支援型」の教育と呼んでいます。

この側面的支援型の教育を行っていくための、
1on1面談のポイントや注意点、そして、若手社員が自ら主体的に活躍できるような環境づくり、仕組みづくりについてお伝えしていきます。


◆セミナープログラム

1.若手社員との1on1面談

  • 意外と見落としがちな1対1面談の「環境づくり」
  • 頭でわかっていても動けないのは「ココ」が動いていない
  • 傾聴のポイントと注意点
  • 「本音を引き出す」の落とし穴
  • ほめ方とその着眼点
  • 叱り方の工夫とフィードバック

2.若手が主体的に活躍できる環境づくり

  • 教育における環境づくりとは
  • 「若手教育」×「業務カイゼン」で若手の主体性を引き出すポイント
  • 若手が活躍した事例

◆開催日時

2021年10月18日(月)

15:00~17:00(14:45~15:00 Zoomの使い方)

オンライン(Zoomを使用)

-ネット環境があればお好みの場所でご自分のPC/スマホで受講できます


※セミナー録画を一か月間視聴可能にしますので日にちが合わない方でもお申し込みできます。

◆受講費用

8,800円/1名(税込)

◆お申込み特典

「報連相が苦手な若手社員のための報連相シート」(Excel)

報連相が苦手である理由について、よくあるパターンとして
・報連相すべき内容が判断できない
・報連相する内容を簡潔にまとめられない
・報連相のタイミングがわからない  が挙げられます。

このシートは、報連相の内容などの枠組みをあらかじめフォーマットにしたものです。
「仕事内容」や「事象」などに加え、報連相先の人にとって欲しいアクションを「お願い欄」 に入れています。
このシートを完成して上司の机の上に置いておく、メールに画像添付する、直接渡す、などで伝えます。
一見回りくどいように見えますが、このシートを埋めていくことで、若手社員本人の頭の中の整理になったり、報連相に必要な情報をまとめる習慣になり、結果的にこのシートを使わずに報連相が できるようになっていくことが目標です。

セミナーのお申込みはこちら ▶

◆講師/コンサルタント紹介

假屋 翔太  主任コンサルタント/国家資格キャリアコンサルタント

大学卒業後、3年間の間小売業に従事。チーフとして部門内マネジメントを行いながら、大学生の新卒採用業務を兼任。 その後、キャリア教育のNPO法人に転職。厚生労働省認定事業の地域若者サポートステーションに従事。施設のセンター長、総括コーディネーター、企業マッチングのコーディネーター、セミナー講師を務め、のべ2500名以上の若者の就労に携わる。
現在は、民間企業の従業員へキャリアコンサルティングを行いながら、企業課題の抽出をし、組織改善に活かしている。大学・職業訓練校等の教育機関での講師や学生向けに就職支援を行っている。

詳しくはこちら≫≫≫




今回ご参加を見合わされた方へ

以下の無料メールセミナーに、ご登録ください。
近年の若手社員の教育をする上で、押さえておかなければならない「若手社員の傾向」や 個々の特徴を把握し、彼らが本来持っている力を発揮できるような関わり方を事例をふまえてわかりやすくお伝えしていきます。

全7回

「若手社員のなぞ行動をひもとく!」
若手社員の動機づけと育成方法