QCサークル(小集団活動)の
リーダー/リーダー候補者/推進役の方へ


QCサークル(小集団活動)は、職場の向上心、仲間意識やチーム力を育て、仕事の品質や効率を高める素晴らしいしくみです。
日本の製造業の品質が戦後著しく高まり、世界でもお手本にされるようになったのは、QCサークル(小集団活動)に依るところが大きく、製造業だけなく、サービス業、IT、小売業や病院などあらゆる業種に広がっています。
一方において、
初めてQCサークル(小集団活動)に取り組もうとして社員の反発にあったり、やり方がわからず形だけの活動になったり、既に小集団活動に取り組まれている会社さんでも、マンネリ化しながらも、旧態然とした今までどおりのやり方のままで、社員のモチベーション低下を招いている会社が多いです。

たとえば、以下のようなことはありませんか?
QCサークル(小集団活動)に取り組む会社では多くみられる困りごとです。
そこで、変化の早い時代に合った活動として、小さな改善を積み重ねていく小カイゼン型小集団活動(QCサークル)があります。

小カイゼン型小集団活動は、仕事の困りごと、身近な「すぐやる」小カイゼンをベースにした活動で、職場の意見から5Sの改善も数多く行われています。
「すぐやる」小さな改善では、
QCサークルで使う分析手法を使わずにどんどん実践していきますのでスピードがはやく「小さな達成感」をたくさん感じることができ、活動が盛り上がります。
そして、
職場の困りごとが減り、コミュニケーションが良くなることから職場満足度が上がり離職も減ります。
さらに、
放っておくとと大きなトラブルにつながる異常の打上げも増えることからトラブルも減り、経営数字も良くなり良いこと尽くしです。

このセミナーでは、
新しい小改善型QCサークル(小集団活動)を分かりやすい講義、事例紹介、またリーダーの役割、ミーティングの仕方やメンバーの巻きこみ方も学びます。
本セミナーを受けることで、
初めてリーダーを担当される方でも、活動のイメージができて、不安なくリーダーをつとめられるようになります。
さらには、メンバーと協力し合う取り組みができ、QCサークル(小集団活動)を通じた明るく働きやすい職場づくりが進むことでしょう。





セミナープログラム
14:45~15:00 Zoomの使い方/15:00~17:00 セミナー

2021年6月10日(木)
●チームづくりとカイゼンネタ出しのしかた
・カイゼンとは何か?なぜ必要か?
・小集団活動はなぜ良いのか?
・カイゼンネタ出しのポイントと「質問法」
・チーム志向とチームづくりのポイント
(信頼づくり、役割、ミーティング・・)
2021年7月7日(水)
●カイゼンの進行と活動活性化のしかた
・カイゼンの仕分けと優先づけのしかたと「質問法」
・カイゼン案作成、実施のしかたと「質問法」
・活動の「共有/見える化」
(=活動活性化のポイント)
・「伝える」スキル
2021年8月27日(金) ●カイゼン効果の確認、後戻り防止法と発表会のしかた
・カイゼン効果の確認と後戻り防止方法と「質問法」
・ミ-ティングのスキル
・「もりあがる」発表会運営のしかた
・「伝わる」発表資料のまとめかた
・「伝わる」発表のしかた

会場:オンライン(全国どこからでも参加可能)
ネット環境があればお好みの場所でご自分のPC/スマホで受講できます


セミナー録画を、終了後2週間視聴可能にしますので、日程が合わない方でもお申し込みいただけます


セミナーのお申し込みはこちら ≫≫≫

 ※ ご質問・お問い合わせはこちらまでお願いします ≫≫≫≫




受講費用(税込)

金額
1回 8,800円/1名
3回セット 21,120円/1名


お申し込み特典(特典動画をご提供)
-オンラインでどこからでも視聴できます

■お申込みの方全員
ミーティングの進行はこれだけでOK!
意見が5倍に増えて、簡単にまとまり決めたことが実行にうつされる!

「ミーティングのスキル」





講師/コンサルタント紹介

松田 英一  株式会社活コンサルタント代表/全日本能率連盟認定マスターマネジメントコンサルタント

楽器メーカーを経て1996年(社)中部産業連盟に入職。QCサークル支援やISO導入支援など。日本品質保証機構のISO9001審査員としても活動。2006年「活コンサルタント」として独立。製造業や事務センターなど多くの会社に「自律的に行動しチーム力を発揮できる職場づくり」に焦点をあてて全員参加の小集団活動を導入、支援して、人材と組織育成を行い経営成果につなげるコンサルタントとして全国で活躍している。 詳しくはこちら≫≫≫




假屋 翔太  主任コンサルタント/国家資格キャリアコンサルタント

大学卒業後、3年間の間小売業に従事。チーフとして部門内マネジメントを行いながら、大学生の新卒採用業務を兼任。 その後、キャリア教育のNPO法人に転職。厚生労働省認定事業の地域若者サポートステーションに従事。施設のセンター長、総括コーディネーター、企業マッチングのコーディネーター、セミナー講師を務め、のべ2500名以上の若者の就労に携わる。 現在は、民間企業の従業員へキャリアコンサルティングを行いながら、企業課題の抽出をし、組織改善に活かしている。大学・職業訓練校等の教育機関での講師や学生向けに就職支援を行っている。 詳しくはこちら≫≫≫




今回ご参加できない方へ

以下の無料メールセミナーに、ご登録ください。
必ず知らなければならない小集団改善活動の基本からあまり知られていない大切なノウハウ、誤解されがちの、問題解決ステップの大切なポイント、マンネリ化の脱却法、そして今の時代にあった「進化した」小集団改善活動のポイントをわかりやすく解説します。
全10回

強い現場をつくる「進化した」
QCサークル(小集団改善活動)のポイント