「新入社員研修を予定していたけど、できなくなった」
「こんな状況だけど最低限の教育はやっておきたい」
「テレワークの時間を有効に活用したい」

このような声にお応えして、新入社員研修をオンライン化しました。
テレワークや自宅待機中の新入社員の方に受けていただくのにもピッタリです。
さらに動画ではなく、講師がリアルタイムで研修を行いますので、対話をしながら進めることができます。
また、毎回の講義で実践課題を出し、振り返りも行いますので、インプットだけの研修ではなく、 業務内での実践を前提とした研修となります。
1名から参加できます。

研修内容

●セミナー時間 13:15~13:30 Zoomの使い方 / 13:30~15:00 セミナー

1日目 ビジネスマナー 5月29日(金)

(1)ビジネスマナーとは

・「ルール」と「マナー」の違い
・マナーの必要性
・ビジネスマナーの5元素

(2)挨拶とお辞儀

・挨拶の目的とポイント
・お辞儀の使い分け

(3)身だしなみ

・第一印象の作り方
・「身だしなみ」はなぜ大事?「おしゃれ」との違い
・スーツや作業着の身だしなみ

(4)もう恐くない電話対応

・電話対応のマナーはなぜ重要なのか
・電話でアポイントをとる
・電話を受ける

(5)「また会いたい」と思わせるお客様対応

・お客様が来社された時
(受付、ご案内、エレベーター、お茶出し、お見送り)
・お客様へ訪問する時
(事前準備、受付、名刺交換、席次、辞去、御礼の連絡)

2日目 ビジネスコミュニケーション 6月26日(金)

(1)ビジネスにおけるコミュニケーションとは

・ビジネスにおけるコミュニケーションの重要性

(2)言葉遣い

・言葉の使い分け
・表現を柔らかくするクッション言葉
・相手を不快にさせない肯定表現

(3)できる新人の報告連絡相談

・報連相の意味と用途
・指示、命令の受け方
・報連相の各ポイント

(4)信頼関係を強くする傾聴力

・受容のポイント
・質問力
・伝え返し

(5)クレーム対応のポイント

・クレーム対応の原則
(共感、謝罪、確認、経緯説明、解決策の提示)
・クレームの分析

(6)自分の主張も相手の要求も大切にする

アサーション

・3種類の自己主張の違い
・自分も相手も大切にする表現とは

3日目 ビジネス文書、ビジネスマインドとスキル 7月28日(火)


〈ビジネス文書〉

(1)これだけはおさえたい文書作成の基本

・ビジネス文書の基本構成

(2)社内文書

・報告書
・議事録
・メモの取り方 など

(3)社外文書

・Eメールの書き方
・ご案内文書
・お詫び文書 など

〈ビジネスマインドとスキル〉

(1)仕事が出来る人の5Sと業務カイゼンの視点

・5Sとは
・5Sのメリット
・身の回りの5S事例の紹介

(2)コンプライアンス

・情報管理
・ハラスメント

(3)こんな時どうする?!

「仕事中に困った」相談事例

・上司や先輩ごとに指示内容が違う
・細かいミスが減らない
・辞めたくなる程辛くなったら

受講費

3日間

30,000円(税込)/1名
  ↓
24,000円(税抜)/1名


受講方法

オンライン(全国どこからでも参加可能) ZOOMを使用します
-ネット環境があればお好みの場所でご自分のPC/スマホで受講できます


受講者特典

●受講された方全員に「受電メモ用紙」を差し上げます
新入社員の皆様からよく「電話が苦手、とりたくない」という声をききます。
苦手な理由は様々です。
 ・知らない単語が出てくる
 ・聞き取れなかったらどうしよう
 ・聞きながらメモが取れない
そこで、電話がかかってきても、簡単にメモを取りながら、同時に伝言メモにもなる
「受電メモ用紙」をプレゼントします。
自由にアレンジして使ってみてください!


講座お申し込み

は必須項目となっております。必ずご入力をお願い致します。




 ※ 講座についてのお問い合わせ・ご質問はこちらまでお願いします ≫≫≫≫


講師

假屋 翔太  主任コンサルタント/国家資格キャリアコンサルタント
大学卒業後、3年間の間小売業に従事。チーフとして部門内マネジメントを行いながら、大学生の新卒採用業務を兼任。 その後、キャリア教育のNPO法人に転職。厚生労働省認定事業の地域若者サポートステーションに従事。施設のセンター長、総括コーディネーター、企業マッチングのコーディネーター、セミナー講師を務め、のべ2500名以上の若者の就労に携わる。
現在は、民間企業の従業員へキャリアコンサルティングを行いながら、企業課題の抽出をし、組織改善に活かしている。大学・職業訓練校等の教育機関での講師や学生向けに就職支援を行っている。 詳しいプロフィールはこちら≫≫≫
HP:https://www.kconsulting.jp/