「どんな会社/職場でも引く手あまたな人財になる」

エンプロイアビリティ向上セミナー

  • 自らのエンプロイアビリティ/市場価値を高めたい方
  • 今の会社で定年までずっと働けるのか不安な方
  • 企業をリタイア、または、そろそろリタイアされるシ二ア人財の方
  • 定年後も自らのキャリアを生かして働きたい方
  • フリーランスになってもやっていける普遍的なスキルを身につけたい方

コロナは時代の変化を加速させています。
会社で勤務していても、この先どうなっていくのか
「不安定」「不確実」「複雑」「曖昧」(VUCAと言われます)。

1億総リストラ!?なんて週間ダイヤモンドの見出しには驚きましたが、2020年は上場企業100社が早期退職募集され2021年もこの動きを上回る勢い。
こんな状況下で以下の不安はありませんか?

  • 今の会社で定年までずっとやっていけるのか
  • 早期退職を求められている/またはもし早期退職を求められたらどうしようか
  • 転職をしたとして自分の力が別の会社でも通用するのか
  • 副業を認められる代わりに給料を減らされたらどうしようか
  • 転職先でうまく溶け込むことができるか?自分が活躍できるか心配
  • いずれは独立してフリーランスでやっていきたいが、会社員のうちにやっておくことは何か

予期しない失職は誰の身の上にも起こり得ることで、今エンプロイアビリティが注目されています

エンプロイアビリティとは、
Employ(雇用する)Ability(能力)を組み合わせた言葉で以下の3つを兼ね備えた能力や可能性を指す言葉です。

  • 今の会社に雇用され続ける能力
  • 他の会社への転職ができる能力
  • 採用される能力

エンプロイアビリティと言えば、専門スキルに目が行きがちです。
もちろん専門スキルはあった方が良いのですが、今の職場で通用している専門スキルが、他の職場や、会社で通用するとは限りません。

そして、実際のところ、専門スキルはなくても、どんな職場やどんな会社に行っても通用する人財がいます。

このセミナーでは、
「どんな会社/職場でも引く手あまたな人財になる」エンプロイアビリティとは何かを わかりやすく解説します。

日本の会社が世界に復権するためには、皆様、ミドル、シニア活躍が欠かせません。
仕事への姿勢とコミュニケーションを今に合ったかたちに変えるだけで、周囲が変わり、どんな職場にあっても必要不可欠な人財になることに驚かれることでしょう。

セミナー内容

・コロナで働き方ががらっと変わる
・エンプロイアビリティの意味
・エンプロイアビリティ3つの姿勢とスキル
・一歩前に踏み出せるとは
・周囲と協力できるとは ~仕事の姿勢とコミュニケーション
・深く考え抜く
・専門スキルがある人/ない人とエンプロイアビリティ
・自己キャリアを活かして指導者になる方法
・どんな環境でも活躍できる人になれる「秘訣」とは

開催概要

2021年5月22日(土) 15:00~17:00

Zoomを使用

(14:45~Zoomの使い方を説明します)

参加費:5,500円(税込)

※セミナー録画を、終了後2週間視聴可能にしますので、日程が合わない方でもお申し込みいただけます

セミナーご参加特典

セミナーにご参加いただいた方に、以下をプレゼントします。

  • 特典1
    「エンプロイアビリティチェックシート」

  • 特典2
    「これを知るの知らないとでは10年で3倍ポジションが変わる!」
    エンプロイアビリティで最も大切な!
    「リーダーシップとは~主体的な考え方」

講師紹介


松田英一

株式会社活コンサルタント代表/全日本能率連盟認定マスターマネジメントコンサルタント

サラリーマン生活18年(異なる文化の3つの会社(大企業、専門家集団、ベンチャー))を経験し、たくさんの失敗や成功からエンプロイアビリティを高めるノウハウを会得しました。
2006年には「活コンサルタント」として独立。
製造業や事務センターなど600職場以上に職場参加型改善を導入支援し、全員が活躍できる職場づくりを研究実践しております。
詳しくはこちら≫≫≫

假屋翔太

主任コンサルタント/国家資格キャリアコンサルタント

愛知大学卒業後、小売業に従事し3年間部門チーフと大学新卒採用責任者を兼任。その後、キャリア教育NPO法人で若年者就労自立支援に従事。センター長として支援施設のマネジメントを行い3500名以上の若者の就労に携わる。28歳に独立し企業内従業員のキャリアコンサルティング、社外相談窓口導入支援を行う。2019年に活コンサルタントの講師として、企業研修、小集団活動や業務改善のコンサルティング等を行っている。
複数の名刺を持ちながらパラレルワーカーとして、個人と環境の同時活性化を支援している。
詳しくはこちら≫≫≫