5Sセミナーで病院の事例紹介

5Sセミナーで病院の事例紹介

5Sの知識技法セミナー!久しぶりに私が講師で行いました。
広島、大阪そして浜松からのご参加。
このセミナーは、2時関で5Sの基本知識から応用まで沢山の事例で学べるもの。
今回は久しぶりに病院の方も参加されました。

コロナのため、
病院では新しい装置やスペースが増えて
仕事も本当に大変だった。
そのため5Sの必要性も感じていたが
コロナもひと段落してやっと活動できる状況とのこと。

そこで
5Sセミナーのなかで
病院の5S事例も紹介しました。

たとえば、

・シャワー室の脱衣所中央。
備え付けの棚に
看護師のみが使う物品が置いてあり
車椅子の患者さんの介助する
スペースが狭かった

⇒ 棚を撤去し、介助スペースを
広くした。
必要な手袋などを壁に設置し
使いやすくした

・机の上の資料が山積みにされている ⇒ファイルや棚を使用し整理整頓
⇒資料や書類が整理できた。探していた書類が出てきた。机を使えるようになった。
患者様とリハビリが気持ちよく行える。

・採血スピッツ再発行の運用、CT造影ルートの接続・固定が変更になり、応援スタッフにわかりにくい。
⇒伝わりやすいように表示を見直した。
⇒一目でわかるようになった。

参加された方の感想として

・初めての5Sセミナーで、5Sの基本がわかりメリットでしかない取り組みだと思いました。

・その反面5Sの取り組みを行う上では、押しつけにならないように、
決めたことをやってみて、みんなの意見を聞いて改善していくことが大事だということも学び、
忙しい中でもみんなで改善していきたいと思いました。

・物品の多い棚やワゴンなどの整理・整頓・定数調整をやってみたい

・メリットや目的を伝えつつ5Sを指導したい
・自分の机の中やキャビネットの5Sを行い、その良さを実感として職場に伝えたい

・器材倉庫の整理・整頓が必要
・5Sタイムの導入などやりたい

以下 5Sの進め方については無料メルマガにご登録ください。

●人が育ち現場の力を高める5S活動の進め方

5Sセミナーで病院の事例紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする