オンラインでのコーチング/ファシリテーション

オンラインでのコーチング/ファシリテーション

今日は東京の新技術開発センター様のセミナーでした。
「現場のモチベーションを上げる!
思考力がまわり連携できる現場をつくる!「コーチング型」現場管理者/リーダーのスキルと考え方。

金沢、静岡、茨城、兵庫からご参加。

今日の活コン事務所は、スタッフすべて外出で
私1人でがんばりました。

指示命令ではモチベーションが上がらず、
思考力のまわった現場ができません。
私は2004年コーチングに出会い活用することで
仕事がとても楽になりました。

自分で考えるよりも
人に考えてもらう?
(いえ!自分でも考えます!)

また、
自分で使うだけでなく
職場やプロジェクトのリーダーも
コーチングスキルを使っていただくことで
短期間に活性化し成果も大きくなります。

内容は以下です。
・多くの日本の現場の抱える問題点
・モチベーションを上げる方法
・強い現場をつくるリーダー10のスキル・テレワークにおけるリーダーシップ
・「コーチング型」リーダー5つの考え方
・「コーチング型」リーダーを育成するしくみ

オンラインでも
アイディア出しミーティングをやってみました。

まず、
リーダーとして困っていることは?
・10人チーム。言われたことだけ⇒自分で考えて行動できるようになってほしい
・OJTで育っている。教育できる人を育てたい 今はいない。効率良く育成したい
・班長とコミュニケーションをとるが伝え方に困っている。自分で動ける人をつくりたい
・職場のコミュニケーションとれていない
・気づいても言わない 言われたことしかやらない。トラブルですべて指示しないと動けない
・コミュニケーションを良くしたい

これらから
テーマを「職場のコミュニケーションを良くする方法」
と決めて
アイディア出し。

——————————————————-
(注意)
本当は「職場のコミュニケーション」をもう少し具体化して
(コーチングでチャンクダウン(かたまりを小さくする)と呼ぶ)
現状把握するのが問題解決手順です。
(例)誰と誰?どの場面?、どの業務?など

しかしながら
今回は、問題解決でなく
ミーティングのしかたを体感するのが目的ですので
即アイディア出しをしました。
——————————————————-

ミーティング進行のポイントは
全員に発言していただくこと。

オンラインでも
対面とまったく変わらずに
行うことができます。

〇〇さんはどう思われますか?
と名前を呼んで問いかけしていけばOKです。

以下のような案があっと言う間に出されました。

・挨拶からはじめる
・作業の合間に 積極的に声掛ける
・趣味の話し 休日は何をしてます? まず自分から。
⇒ そこから深堀りして共通項を探す
・雑談する
・相手と距離感を縮める ⇒短い会話の機会を増やす
・些細なことでも ありがとうを伝える
・ごめんね を言う
・役員 と社員との ミーティングを分散開催する
など

この中からすぐにできそうなこととして
「作業の合間に積極的に声掛ける」
にもっとも多く手が上がりました。

オンラインでも手を上げてもらうと
画面でわかりやすいし
参加感もできます。
(オンラインツールに手上げ機能もありますが・・)

会社の人材育成については
「無料」メルマガに登録ください

●「無料メールセミナー」人と組織を活かす秘訣

オンラインでのコーチング/ファシリテーション

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする