作業時間を短縮するには

活コンサルタント 松田英一プラド 宮下孝

今日は、プラドの宮下社長とコラボセミナーでした。
テーマは製造業向け
「カイゼンから利益を生もう」

カイゼンで利益を生むためには
時間短縮して
できた時間に付加価値を入れます。

作業時間短縮の改善におきましては、
まず現状把握から行います。

全体時間と、各作業の時間を計測し
時間のかかる作業について
ターゲットをしぼり
要因と対策案を実施していきます。

ところで
作業時間の把握については
どうするのでしょうか?

会社のデータがあれば
そこから引っ張ってこれるのですが
今回は、同データがなかったために
作業日報を改良した調査用チェックシートをつくって
作業時間を調べることからスタートしました。

作業日報については
いまだに現場で手書きで記入されたものを事務所で入力している会社も多いと思います。

今は、作業されている方自身で
作業しながら簡単に入力またはスマホのカメラで読みこみ、
データもクラウドに蓄積されて、
集計も自動でできる便利なツールもできました。

作業別、人別の時間データなどから
問題点も「見える化」でき
改善につながります。

以下は今回紹介した
その便利なツール「カンパソレコード」です。
カンパソレコード無料資料

今回コラボセミナーを行った
プラドさんとは、ほかに環境整備のメンバーと共に
秋には、メッセなごやに環境整備テーマで共同出展もします。

この頃にはワクチンもいきわたって
コロナも落ち着いていることでしょう。

今から楽しみです。

作業記録システム・カンパソレコードカイゼンから利益を生もうセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする