2021年/新年のご挨拶~With コロナは時代の変化への幕開け

日吉神社

今日は仕事はじめ!

近くの日吉神社に参拝しました。
Withコロナは時代の変化の幕開けです。

「新年のご挨拶」 おかげで良いものができました!
あらゆる世代の皆様が輝ける職場づくり!
ぜひカイゼンの場を進化させ(つくり)ましょう。

——————————————————-

謹んで新年のお慶び申し上げます。

弊社では、昨年コロナの影響を受けながらも、
新しく小集団カイゼン活動の立ち上げ支援、
オンラインを活用して既存のお客様継続サポート、研修/セミナー/講座/交流会など
たくさん開催できたことをたいへん感謝しております。

特に、コロナ禍においても新しく小集団活動をスタートされた会社様には、
いずれもたいへん活性化して良い意味で特別な年になったと思います。

たとえば、
・不要な書類や備品などで床が見えないような倉庫。応接室で休憩している
⇒ 職種を越えて皆で協力し、見違えるような休憩室ができた
・作業場所が固定されて、製品によって作業スペースが狭い
⇒ 作業台にキャスターがつき、製品によって最適レイアウトができる。作業効率が100%良くなった
など数多くの5Sやレイアウト改善などが行われました。

テーマをもったQC活動においては
・図面の3Dデータ化のより不良1/5、組付時間1/2、工程数削減により加工時間1/3などの大きな成果

また、コロナを機会に、
顧客が自立学習できるアプリ開発や、
新たにマスクの企画生産販売など実現させた会社様

見学に来られた顧客にカイゼン「見える化ボード」が評価されて
コロナ禍でも受注を増やした会社様もありました。

今年も、カイゼンを通じて
「職場の笑顔を増やす」
「個人も組織も学習し成長し続ける」
会社づくりに
お役立ちしていきます。

●いい人が黙る日本人

何をどう変えたいのでしょうか?

みんな良くないと内心思っていること、
変えたいと思っていることは沢山あります。

けれども放っておくと自分からは
「何も言い出さない」

まず、変えたいことは、
日本の会社共通の良くないところである
「意見を言わない」
特に「いい人が黙ってしまう」こと。

言っても
「否定される」「どうせ変わらない」
という諦めムード。

確かに何も事を起こさないのが楽で良い。
けれども、
コロナで今までの価値観の変化が加速されます。

Afterコロナにおいては
古い価値観の組織だとアッという間に淘汰されてしまうでしょう。

以下がAfterコロナにおける新しい価値観への変化例です。

・組織への帰属重視から個人の自立へ
「個人を尊重すると」と自主的な組織貢献も増えて組織の業績も良くなります。
・縦割組織から円の組織へ
上下関係の考え方はやめましょう。先に述べたように異なる意見が出にくくなります。
・同質性から、個性へ
同じ考え方の集団からはイノベーションは起こりません。違いを歓迎しましょう。
・管理統制から自主管理へ
リモートでは管理統制にムリがあります。そもそも優秀な人は管理統制されたくないもの。
・情報統制から、オープネスへ
「現場には余計な情報を与えない」から、あらゆる情報をオープンにすると現場の生産性がぐーんと上がります。

など・・・まだまだ沢山あります。

全文は以下をご覧ください
弊社「新年のご挨拶」

今年もよろしくお願いいたします。

活コンサルタント新年のご挨拶~With コロナは時代の変化への幕開け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする