「個を生かす/チームで取り組む」新しい企業研修とは

コロナ禍は時代の変化点です。
この機会に社員研修のやり方も、従来のやり方を踏襲するのでなく、
新しいやり方を試してみるのも良いと思います。

今日は、(株)WinWinValueの上野社長とオンラインによるコラボセミナートライアルでした。

トヨタ自動車さんと共同で開発された個を活かす今の時代にマッチした研修プログラム!

私からは、「カイゼンを通じて」研修を職場実践につなげる秘訣を事例解説しました。
東京、神奈川、岐阜、大阪の会社様が参加されました。

● チームによるカイゼンアクションとは

チームによるカイゼンアクションとは研修内容で学んだことを職場単位のチームで職場カイゼンを通じて実践することです。

なぜカイゼンが良いのでしょうか?
カイゼンとは変えることですが、
本当は、
「同じことをずっと変わらずやっていたい」人の方が多いと思います。

その方が楽ですものですね。
それは人間の本能かもしれません。
また変わる事は何らかのリスクもありますので、人間の潜在意識が「変わるな」と足を引っ張るのです。
しかしながら、
世の中どんどん変化していきます。
特に、コロナは時代の変化点。時代が変わる時が与えられているなかで、
私たちも変わることができるか時代のふるいにかけられていると考えられます。

つまりカイゼンしないことは時代に取り残されてしまうことです。
けれども、カイゼンは、1人でやるのは面倒くさいしやれることも限られます。
そこで、チームをつくってやるのです。
チームでカイゼンをうまく運営するには、カイゼンの知識だけではなくて、いろんなスキルや考え方が必要になります。

たとえば、
チームビルディング、コミュニケーション、リーダーシップ、ロジカルシンキングなど。
これらは、
一般的なマネジメント研修で行うテーマそのものです。
そこで、
カイゼンと社員研修とをリンクして行うことが効果的/効率的なのです。

●(株)WinWinValueとトヨタ自動車さんとが共同で開発された「個を活かす」社員研修とは

セミナーの後半は(株)WinWinValue上野社長とトヨタ自動車さんとが共同で開発された社員研修の
紹介がありました。

トヨタ自動車さんの管理職は、みんなカリスマ経営者みたい。
みんな本気。
トヨタ自動車さんの社員は成果は出てあたりまえだし出なかったら
やり抜くことがあたりまえ!

すごいですね!

セミナーでは
・1人1人は成長しても、組織の問題起こる
・トヨタと他社との違い
・今までの研修は何がダメだったのか
・個の時代に合った研修とは?
など
たいへん興味深い内容でした。

(株)WinWinValueとトヨタ自動車さんとが共同で開発された個を活かす社員研修
を知りたい方は以下から↓
https://www.winwinvalue.co.jp/

(株)WinWinValue上野恭子社長

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする