株式会社WinWinValueの上野恭子氏とコラボ企画

株式会社WinWinValue上野恭子 VS 活コンサルタント 松田英一

コロナでどう変わる?どう(自分たちを)変える?
(コロナは世の変化を加速させてるだけ)
今日は(株)WinWinValueの上野恭子氏とコラボ企画のミーティングしました。
————————————————————
(株)WinWinValue
————————————————————
上野氏とは20年ほどの良き友人であり良き師でもあります。
元々コーチングが日本に紹介されたくらいの時期に勉強会で出会い意気投合しました。
上野氏から伝授された「7つの習慣」は私の仕事(=生き方)のベースになっております。

さて、私にはもうひとつのベースがあります。
それは「トヨタ生産方式」です。

トヨタ生産方式は私が25年前に(社)中部産業連盟に転職したときに知り
それまでの常識がくつがえされるようなたいへんな驚きでした。

何を驚いたのですか?

以下をご覧ください↓
トヨタ生産方式における二本の柱

ところで
上野氏が、そのトヨタ自動車さんと、
モチベーションの見える化と課題解決のための研修プログラムを共同開発されたのです。

きっかけはトヨタ自動車さんの社内外への改善活動に関する支援を行う部署の方が
上野氏のコーチングスクール(WinWin育成協会)にて学ばれたこと。
そして、そのコーチングメソッドを社内のコンサルティングに活用して
画期的な効果が生まれたことから共同開発がスタートしたそうです。

2018年にはトヨタ自動車さん内外で、診断、研修、面談をおこない分析や検証を進められ、
「能力発揮プログラム」が出来上がり、
2019年以降も、引き続きトヨタ自動車社内でプログラムは順次広がり、
グループ会社や大企業のみならず、全国の中小企業、サービス業でも導入が進んでいます。

その上野氏がトヨタ自動車さんと共同開発した研修プログラムを
主題にしたコラボセミナーをやることになりますた(パチパチ(拍手))

上野氏から
・「個へフォーカスして、必要な研修を見極める」なぜ、トヨタはやる気のツボに着目したのか?
私からは
・研修効果を倍増する方法~ チームでのカイゼンアクション

10月か11月には開催したいです。
皆様お楽しみに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする