ローパフォーマへの対処法

改善を通じた人材育成とローパフォーマへの対処法

今日は
日本経営協会様にて
「カイゼンを 通じた人材育成とローパフォーマー社員への 対応」
セミナーをやりました。
日本イーブンハート協会・落合代表理事とのコラボです。

このテーマは夏にもたくさん集まり大好評でしたので、
冬にも追加開催が決まったもの。
今回もたくさん集まっていただき、
このテーマのニーズを感じます。

落合代表理事は、
「発達障がい」ではなくて・・・

「発達でこぼこ」
と言っています。

へこんでるところもあるけれど
突出しているところもある。

事務職でミスだらけ
「使えない」社員が
営業でトップセールス!

逆もあります。
みんな「個性」です。

それにしても
時代は変わっています。
人も大きく変わっています。

私たち昭和の世代の
やり方は
まったく通用しません。

若い人には
「叱る」
ことが効果ないこと。

弊社の若手のエース假屋(かりや)も
同じことを申しておりました。

それではどんな対応をしたら良いのか?

ぜひ以下をお読みください
●若手社員への動機づけと育成方法

若手社員の教育をする上で、押さえておかなければならない
「若手社員の傾向」や
個々の特徴を把握し、彼らが本来持っている力を発揮できるような関わり方、
を事例をふまえて「無料」でわかりやすくお伝えしています。

改善を通じた人材育成とローパフォーマへの対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする