このセミナーでは、スタッフ部門の生産性向上/業務効率化をボトムアップの小集団活動を活用して進める方法を事例を元に解説します。

2024年大切にすべきことはコレ

職場が劇的に変わる!笑顔と効率の両立!

スタッフ部門(事務、営業や開発など)の
小集団活動セミナー

営業部門、事務部門、開発部門マネージャー、教育担当の方
経営者、経営幹部や管理職の方
小集団活動や改善活動のご担当の方
ビジネススキルを上げたい方へ

事務、営業や開発部門などスタッフ部門は、製造部門に比べて「業務が見えにくい」「メンバーの共通テーマがつくりにくい」「現状、目標や効果の数値化が難しい」などの理由で改善活動の取り組みが遅れていて、職場でのコミュニケーションの滞り、多くのムダや困りごとが放置されて業務効率や職場満足度の低下につながっていることが多く見られます。
たとえば以下のようなことはありませんか?

  • 忙しさに追われて仕事が雑になっている
  • 仕事の納期に追われて疲弊している ・仕事の負荷が人によりかたよっている
  • 目的視点から業務を再度検証したいが機会がなくて取り組めない
  • 個人主義でお互いの協力がない
  • モチベーションが低下している
  • 製造部門など他部門と協力がない
    など

そこで、このセミナーでは、
スタッフ部門の生産性向上/業務効率化をボトムアップの小集団活動を活用して進める方法を事例を元に解説します。
小集団活動を活用することで職場メンバーがイキイキと活躍し始め、働きやすく笑顔が増えるとともに業務効率が著しく向上するかことに驚かれることでしょう。

セミナー内容

15:00~17:00 松田英一(株式会社活コンサルタント)

  • 事務、営業や開発部門などスタッフ部門で改善が進まない理由
  • なぜ小集団活動を活用するのが良いのか
  • スタッフ部門における改善手法
  • スタッフ部門における目標のつくり方、効果確認方法
  • スタッフ部門の改善活動をスタートするステップ

開催日時

    • 開催日時:2024年7月9日(火) 15:00~17:00
    • 開催方法:オンライン(Zoom)

      ※セミナー終了後、1ヶ月間はセミナー動画を視聴できます。

    • 参加費:11,000円(税込)

講師

松田 英一 株式会社活コンサルタント 代表取締役社長

電気通信大学卒業。㈱河合楽器製作所を経て1996年(社)中部産業連盟に入職。
QCサークル支援やISO導入支援など。日本品質保証機構のISO9001審査員としても活動。
2004年生涯学習開発財団認定コーチの資格取得。続いて全日本能率連盟認定マスターマネジメントコンサルタントに昇格。
2006年「活コンサルタント」として独立。製造業や事務センターなど多くの会社に「自律的に行動しチーム力を発揮できる職場づくり」に焦点をあてて全員参加の小集団活動を導入、支援して、人材と組織育成を行い経営成果につなげるコンサルタントとして全国で活躍している。
職場参加型カイゼン活動の導入/支援職場は700職場以上を数える。
■株式会社活コンサルタント https://www.kconsulting.jp/