改善提案が湯水のように出されます

今日は、豊川商工会議所様にて、毎年恒例の人気セミナー「改善アイディア視点習得講座」でした。
ちょっとしたこつと事例を提供すること。
そして小集団活動を活用することで湯水のように改善提案が出されます。

●やめたいこと、減らしたいことは?

・検査で活用されない数字の記入
・手で書く ⇒ データ化
・現品票を何枚も書く ⇒ 少なくできないか
・選別、全検 
・結論がでない会議
・部品を取りに遠いところまで歩く
・二階から一階に移動する
・洗浄工程 (油をつかない方法は?)
・金属加工 材料、金型 を探す
・溶接作業の距離を短くする
・現品票の手書き
など。

●まとめ化、共有化したいことは?

・工具の複数 ⇒ ひとつにまとめる
・開発 ひとによって規格まちまち ⇒ 統一
・図面をデータ化
・複数の管理担当者 ⇒ 1人に統一
・営業所 統一
・検査 不良情報を共有 
・部署ごとの物の置き場の統一
・工場を統一 ひとつを倉庫にする
・設定温度を変えるカード置き場 個人で持っている ⇒ 置き場つくり共有
など

後半には、変える」
「標準化」
「自動化IT化」
カイゼンを紹介し、改善提案を出し合いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする