小集団活動、業務改善、5S活動の推進役/リーダーのコミュニケーションスキルと思考法

弊社の 小集団活動、業務改善、5S活動は
「やらされ感」
とは無縁です!

その秘訣が業務改善や5Sのスキルだけでなくて
「コミュニケーション」と
「思考法」
を推進リーダーに
「わかりやすく即実践できるように」
お伝えし
実践していただいているからです。

そして
これら「コミュニケーション」と
「思考法」
だけにしぼったセミナーをやって欲しい
ご要望あり
このセミナーを企画しました。

今の時代に合った
「メンバーやる気にさせて動かす」
コミュニケーションスキルと思考法!!

たとえば
「メンバーが動いてくれない」
とき
どう考えるのか?
「自分の伝え方が良くない」
「メンバーには別の考えがあるのかもしれない」
など
と考えます。

私たちにとっては
あたりまえの考え方なのですが
参加された方の中には
「すごい考え方だ!」
と感心されました。

●発言が倍増し意見がまとまる「ミーティング進行」スキル
「〇〇さんはどう思いますか?」
と名前を呼んで問いかける。
そして
どんな意見でも
いきなり否定せずまず肯定的にうなづいて受け止める
「なるほど」
「〇〇さんはそう思われているのですね」
それで
安心感のある雰囲気ができる。
その重要性は以下「Googleの調査結果」ぜひご覧ください

●生産性の高いチームの共通項↓
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137

●おちこぼれ職場への対処法
まずリーダー、そして管理職
それぞれの
「やる気」を確認する。
「やる気」がないのであれば、
「伝えるスキル」
を使って「やる気」になってもらう。
やる気があれば
コミュニケーションスキルを確認する。
もしスキルが足らないのであれば
「一緒にやりましょう」

・「まとめ」
エネルギーの高い職場やチームのつくり方
職場参加型カイゼン活動をやりましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする