現場力を上げる小集団活動

今日は、小田原市の会社様にて、小集団活動 管理職&事務局研修でした。

小集団活動の目的は?
「現場力」を向上すること。
現場力とは、
弊社では以下のように考えています。
・異常の認識と対応力
・自分で考えて自分で行動できる人たち
・お互いに協力、連携できる人たち

「現場力」が、
品質、効率、納期の生み出す元になり。会社の競争力の源泉です。

まず、
現場 のちょっとした異常に気づくこと。
そして気づいたら、黙っておらず打ち上げて、
速やかに対応できる現場。

「言われたことだけやれば良い」と言うのではなく、
自分で考えて自分で行動できる「思考力の回った」自立した人たち。
そして、自立した人たち同士が、お互いに協力し連携できる現場。

このような現場はどうしたらできるのでしょうか?

もちろん教育は大事ですが、
教育だけでは、こんな現場はできません。

私は、現場力を向上するには
小集団活動に尽きると思います。

少人数グループをつくり
お互いに改善ネタを出し合い、共有して、
役割を担い合い、自分たちで解決する活動が、
強い現場つくります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする